会話のキャッチボールにお悩みの方へ

口下手を直す3つのコツ

社会人になっても会話のキャッチボールが苦手と言う悩みは消えず、

 

焦って無理に話そうとするとトンチンカンなことを言ってしまって

 

相手を困らせてしまうという人が往々にして多いのが事実です。

 

無理して喋ると空回ってしまい、黙っていても相手が苦痛に見えてくると

 

どうしたらいいのかわからず、パニックに陥る人も多いようです。

 

もしそういうケースにお悩みであれば、聞き役に徹するということもできます。

 

相槌に集中すると言う方法です。

 

多くの人は話したがりで人の話を聞きたがろうとしません。

 

それだけに、聞き役に徹するだけで人から好かれることが可能なのです。

 

誰しもが、人に話を聞いてもらいたいと言う願望があるからです。

 

実際に、人の話を聞くのも結構大変です。

 

もし自分だったら、どういう風にあいてから相槌を打たれたら、

 

もっと話す気になるか、そんなことを考えてみてください。

 

特別な人が話をしてるわけではありません。相手の聞きたいことを話す。

 

相手が気分よく話せるようにする。

 

気分よく相手が話してくれれば、その人から嫌われると言うことはまずありません。

 

口下手克服プログラムでは、聞き役に徹するノウハウも学ぶことができます。